ろっこう医療生活協同組合
HOME 機関紙ダウンロード 求人情報
ろっこう医療生協とは 医療サービス 介護サービス 健康づくり 組合員活動 リンク
東日本大震災関連情報

ろっこう医療生活協同組合の「東日本大震災」に関連した取り組みをお知らせします
***************************************************************************************
ろっこう医療生協・対策本部≪本部長・金丸正樹≫ 神戸市灘区水道筋6-7-11 電話078-802-3424

2015年11月10日

大船渡行動第2陣 初日の報告

第2陣は9日から11日の3日間行動します
坂本、市川、羽田野の3名です
IMG_0735.JPG

初日の9日は移動日

伊丹からの飛行機はあいにくの天候の中、「揺れます揺れます」の機内インフォメーションにビクビクしながらもトラブルもなく無事花巻に到着

時間があったので平泉に寄って陸前高田市へ

岩手の夜は早く、5時前には辺りはもう真っ暗
一本松を見たかったのですが、おあずけにして大船渡市内へと入りました

夕食はアトリエ太陽の子の絵のご縁でなじみになった洋食屋さんでいただきました

お店の周りには新しいショッピングセンターができたりと様変わり。そんなことを話題にお店の奥さんと世間話をしていたら、地震前にお店を出されていた辺りのことにふれてしまい、「まだ見に行ってないの」とぽつりとつぶやくようにおっしゃられたのが印象的でした

宿舎へはいって、歌体操の振りやら、進行の確認など
明日から張り切ってがんばります
P_20151109_192239.jpg
posted by ろっこう医療生活協同組合 at 08:43| お知らせ

2015年11月05日

大船渡からの便り 第1陣最終日

最終日の4日は、快晴。
常宿の大船渡温泉の北向かいの山々も、見事に色づいています。

本日は、盛小学校にある沢川仮設にお邪魔しました。
残念ながら、たまたま皆さんの用事が重なったらしく、ご参加はありませんでした。
で、支援員さんといろいろお話しました。
20151104_101622.jpg

今、沢川仮設は約30世帯が住まわれており、ほぼ、その方たちも、行き先は決まっているとのこと。
ちょうど向かいには、白く真新しい災害復興住宅が完成しており、そちらに移り住む方も何人かおられると。
そんなわけで、この沢川仮設は、来年の9月くらいまでで、無くなるそうです。喜ばしいけれど、バラバラになる寂しさも感じられるそう。
20151104_101112.jpg

集会室の玄関には、鮮やかな赤褐色の干し柿が吊るされていました。
20151104_101105.jpg
posted by ろっこう医療生活協同組合 at 08:54| お知らせ

2015年11月04日

大船渡からの便り 第2日目

昨日とは、うってかわって時間にゆとりのある日でした。旅館の朝食を済ませてから、碁石海岸へ。濃い青色の波がリアス式の海岸を洗っていました。
碁石海岸.jpg

その後、津波伝承館を訪れて震災当日の津波被害の映像をみて、館長さんの説明に聞き入りました。映像の冒頭のテーマソングを歌っているのが原さんの知り合いの知り合いだということがわかり、盛り上がりました。
昼食を済ませたあとは、陸前高田に向かいました。
津波伝承間.jpg

陸前高田は、橋梁の建設や土地のかさ上げ工事の最中でした。「奇跡の一本松」は、レプリカが西日に照らされて、屹立していました。近くのパーキングにあるカフェのマスターが、写真を持ち出して、私たちに熱心に震災前と今の陸前高田の様子を話してくれました。
20151103_143449.jpg工事.jpg
posted by ろっこう医療生活協同組合 at 09:27| お知らせ

大船渡からの便り 第1日目

2015年秋季の大船渡支援、第一弾は、加島(灘診)、原(六甲道診)、金丸(本部)の3人です。
いわて花巻空港に降り立つと、7℃の冷気とソボ降る雨が迎えてくれました。
負けじとレンタカーを走らせ、予定より15分早く、2時40分に、越喜来(おきらい)地区の杉下仮設に到着。
雨にも負けず、7人の皆さんが参加して下さいました。さっそく、加島さん、原さんが、3曲の歌体操をリード。支援員さんも参加され、にぎやかに体を動かしました。
歌体操.jpg

その後、加島さんは、全員の血圧測定。原さん、金丸はお茶とお菓子で楽しくおしゃべり。今、一番困っていることは何ですか?の問いかけに、「特に無いべ。ただ、住むとこが欲しい」と。
血圧測定.jpg

あたりは4時を過ぎると暗くなり、早々に失礼し、馴染みの洋食レストランで夕飯(コーヒーはサービス!)して、千葉内科診療所に表敬訪問。すると、看護師長の林さんが手作りのパンプキンのケーキで歓待して下さり、みんなでご馳走になりました。
千葉先生.jpg

かくして、行動てんこ盛りの初日が無事に終了、大船渡旅館に到着し、金丸の部屋で、遅くまで、反省会兼慰労会兼打ち合わせ会兼酒盛りで鋭気を養って、第一日目が終わりました。
posted by ろっこう医療生活協同組合 at 09:25| お知らせ

2015年11月02日

大船渡支援行動2015 第1陣@

11月2日、大船渡支援行動に3人のメンバーが出発しました。
灘診療所の加島看護師、六甲道診療所の原さん、金丸副理事長です。

今回は仮設住宅にお住まいの皆さんと「歌体操」などを通して交流をしていきます。

2泊3日の行動で、11月いっぱい4回の派遣をします。


IMG_0730.JPG
posted by ろっこう医療生活協同組合 at 09:13| お知らせ

2015年09月28日

対策本部ニュース「心つないで 特別号」

東日本大震災 対策本部ニュース 「心つないで 特別号」を発行しました

さんま祭りの活動報告です

「さんま祭り」ニュース号外.pdf
posted by ろっこう医療生活協同組合 at 10:22| 対策本部ニュース

2015年09月08日

大船渡支援 水道筋さんま祭り


東日本大震災から4年半近くになる今も、被災地の復興は道半ばです。
このイベントは、被災地の岩手県大船渡市の被災者の人びとへの支援を目的に、多くの団体・個人が集まり、企画したものです。
三陸の美味しい旬のさんまを焼き、食べて応援しましょう!

日時:2015年27日(
   午前11時〜午後

会場:青谷川公園
   水道筋ひだまり商店街
   水道筋6丁目商店街

内容:さんまの炭火焼き
   ビールやジュースなどの飲み物の販売
   フリーマーケット、お楽しみ企画

注意事項:サンマは1000匹用意しておりますが、売切れ次第終了です。
     雨天決行。ただし、フリーマーケットは雨天中止になります。

主催:大船渡支援・水道筋さんま祭り実行委員会
後援:神戸市、神戸新聞社、サンテレビジョン

お問い合わせ:ろっこう医療生協本部
       (TEL.078−802−3424)

チラシはこちら さんま祭り.pdf
posted by ろっこう医療生活協同組合 at 19:16| お知らせ

2014年12月13日

阪神淡路大震災 20年の集い

阪神淡路大震災からもうすぐ20年 ときは移ろい、まちの風景は変わっても
「あの時」を忘れることはできません 節目の今、みんなで集い、さまざまな想いを心に刻みませんか

阪神淡路大震災 20年の集い 〜忘れない・語り継ぐ・これからも〜

日時;2015年1月17日(土)午後2時〜4時
会場;神戸市立灘区民ホール 1階・5階ホール
参加費;無料


《1階ロビー》
アトリエ太陽の子の絵画ほか震災当時の様子などの展示

《5階ホール》
震災を体験された方の今に寄せる発言「今、想うこと」
モダンダンス「届ける」 藤田佳代舞踊研究所
東北からの報告 三陸鉄道の職員さん(岩手)・きらり健康生協の職員さん(福島)
私たちの決意

【主催】
ろっこう医療生活協同組合 灘区民ホール
【後援】
兵庫県・神戸市・神戸市教育委員会・神戸新聞社

チラシはこちら⇒阪神淡路大震災20年の集いチラシ


posted by ろっこう医療生活協同組合 at 12:38| お知らせ

2014年11月01日

対策本部ニュース「心つないで No.68」

東日本大震災 対策本部ニュース 「心つないで No.68」を発行しました

大船渡行動 10月期 第4陣の活動報告です

ニュース「心つないで」68.pdf


posted by ろっこう医療生活協同組合 at 16:45| 対策本部ニュース

2014年10月29日

大船渡支援行動 2014年10月 第4陣 その2

10月29日(水)10時から、大船渡第一中学校の校庭に建つ宮田仮設住宅で歌体操を行いました。

女性が8人ご参加してくださいました。

「みかんの花咲く丘は、◯十年前の学芸会以来。白いスカートをはいて歌ったことを思い出し懐かしかったです。」「毎日、お風呂上りに体操してますが、今日から、歌体操を取り入れます。」など、「今日は楽しかった、来て良かった」と皆さんおっしゃってくださって嬉しかったです。


IMG_1685.JPG

IMG_1716.JPG


posted by ろっこう医療生活協同組合 at 18:09| 活動情報・報告

大船渡支援行動 2014年10月 第4陣 その1


10月28日(火)
大船渡北小学校の校庭に建つ山馬越仮設住宅で歌体操を行いました。

参加者は男性1人、女性6人、合わせて7人でした。
インストラクターは東灘支部の石原さん。指のストレッチ体操など準備体操をしてから、みかんの花咲く丘を歌いながら体操しました。「この歌は知ってる」「身体が温まった」「明日からの体操の会で取り入れてやってみます」などの声が。

参加者の皆さん全員が一生懸命に取り組んでいただけて嬉しかったです。一期一会ということを噛みしめさせていただきました。

辛いことを経験されたのに、皆さんの前向きな気持ちに頭が下がる思いでした。穏やかで明るい表情がとても印象的でした。


IMG_0007.JPG

IMG_0006.JPG

posted by ろっこう医療生活協同組合 at 08:57| 活動情報・報告

2014年10月27日

対策本部ニュース「心つないで No.67」

東日本大震災 対策本部ニュース 「心つないで No.67」を発行しました

大船渡行動 10月期 第3陣の活動報告です

ニュース「心つないで」67-2.pdf




posted by ろっこう医療生活協同組合 at 09:15| お知らせ

2014年10月22日

大船渡支援行動 2014年10月 第3陣 その4

こちらの仮設住宅でも、歌体操をみんなでやったあと、菊地主任のフラダンスで盛り上がりました。

ひととおり終わったら、お茶とお菓子で、お茶っこ。

85才の女性のSさんは、「このあいだの地震で、大津波は3回経験したよ。でも、戦争の時が一番辛かった。」と、話してくれました。

私たちが車で失礼しようとすると、ご自分の部屋に戻ってワカメをビニール袋にたっぷり持って来られ「あげるから」といただきました。

20141022_112239.jpg



posted by ろっこう医療生活協同組合 at 19:37| 活動情報・報告

大船渡支援行動 2014年10月 第3陣 その3

午前中は、後ノ入仮設住宅を訪問しました。

ちょうど、老人会の催しがあるとのことで、いつもよりは少ないとはいえ、女性ばかり6人と、支援員さんが2人の参加がありました。

みなさん、津波の前からご近所という方が多く、なごやかな雰囲気です。

20141022_102541.jpg

posted by ろっこう医療生活協同組合 at 17:53| 活動情報・報告

大船渡支援行動 2014年10月 第3陣 番外3

最終日の22日。早朝に宿泊しているホテルのロビーから外に目をやると、一面の太平洋です。朝もやにかすれて、朝日が輝いていました。海面には、牡蠣の筏が。この海を津波が襲ったのです。

20141022_071140.jpg

posted by ろっこう医療生活協同組合 at 17:43| 活動情報・報告
Copyright2006 ろっこう医療生活協同組合  All Rights Reserved.